精力剤マイスター

成分・素材で絞り込み検索する

精力剤マイスターについて

「精力剤マイスター」へようこそ!当サイトでは、主に精力剤のランキングを掲載しています。

今どき、精力減退やED(勃起不全)で悩んでる人は珍しくありません。かといって、病院へ行ってバイアグラを処方してもらったり、ペニスの増大手術なんて極力したくないですよね。

そういった方々に人気なのが、「精力剤」や「精力サプリメント」と呼ばれるものを使った治療法です。体への負担(デメリット)が無いため、中高年の方でも無理なくEDなどを改善することが出来るのです。

もっと具体的な話は別の機会にするとして、当サイトではそんな精力剤を、100点以上ある中から厳選したものだけをピックアップして、「独自の観点から見た特徴」や「お得な買い方」などを紹介しています。

また、精力剤を1度も買ったことがない方は、雰囲気で買ってしまうと失敗する可能性があるので、下記の「精力剤の選び方」を、ぜひ参考にしてみてください!また、「御託はいいから結論はよ」って方は、以下のランキングから精力剤をお選びください!

成分・目的別ランキング

総合人気ランキング

マカランキング

クラチャイダムランキング

シトルリンランキング

アルギニンランキング

›› 他のランキングも見る!

精力剤コラムについて

精力剤マイスターでは、人の数だけある性の悩みの中でも、特に人気のあるネタを厳選して紹介しています。

よく読まれてる人気記事のランキングをどうぞ。

›› 他のコラムも見る!

【超重要】精力剤の正しい選び方

「精力剤の正しい選び方」

精力剤と一口にいっても、「精力サプリメント」「漢方薬」「ED治療薬」「滋養強壮剤」など様々な種類があります。

それぞれ一長一短あり、悩みによって使い分けられるのが一番ベストなので、種類別にメリットやデメリットなどの特徴を紹介したいと思います。

先に結論を書いておきますが、悩みの原因や体質に合った精力剤を選ばないと、お金をドブに捨てる結果になりかねないので注意しましょう。

副作用なく根本から精力アップしたい方は「精力サプリメント」

「精力剤サプリメント」

精力サプリメントは、俗にいう「健康食品」に分類される商品です。

メリットは、価格が比較的に安いことと、生活習慣の乱れによる血行不良や、テストステロンの低下による軽度な「器質性ED」を治すことが可能なことでしょう。あと、副作用の危険性が皆無なのも強みです。

デメリットは、改善まで長期間(3ヵ月前後)かかることと、商品により当たりハズレがあることですかね。商品数も限りなくあるので、ランキングなどで紹介されてる有名なものを選ぶのがベターです。

代表的な精力サプリメントには、小林製薬の「エディケア」や日本サプリメントフーズの「クラチャイダムゴールド」などがあります。

最近では、特許配合の最新精力剤「カイメン」や「サンリバイブ」などが有名ですね。

精力サプリで効果がなかったら「指定医薬部外品」

「指定医薬部外品」

ざっくりな説明ですが、先ほど紹介した精力サプリメントよりは、効果が認められてる「有効成分」が含まれる商品です。代表的な商品でいうと精力剤ではないのですが「リポビタンD」とか「アリナミンV」などが該当します。

メリットは、滋養強壮や肉体疲労など全身を元気にする効き目が感じられるところでしょうか。もちろん、体が元気になれば精力にもいい影響を与えます。価格もそれほど高くないのはうれしいですね。

デメリットは、効果は認められてるけど万人に効く薬ではないってところですね。つまるところ、リポDを飲んで疲労回復を感じられるかって話です。

もともと精力剤として売られてる指定医薬部外品はなかったのですが、ここ数年で京福堂の「プロキオン」をきっかけに、ニンニクの有効成分「オキソアミヂン」を配合した商品が続々と出てきてますね。

ちなみに、精液ドバドバ整腸薬でおなじみの「エビオス錠」なんかも指定医薬部外品です。

本格的に精力の悩みを改善したい方は「OTC医薬品(市販薬)」

「OTC医薬品」

病院に行かずとも、ドラッグストアやネットでも買うことのできる、いわゆる「市販薬」に分類される商品です。ざっくりですが第1類医薬品~第3類医薬品まであり、数字が若くなるほど効果や副作用が強くなります。

メリットは、1ヵ月もあれば症状の改善・緩和が期待できる点です。逆に、その期間で変化がなければ薬を変えるなり、別の方法を試す必要があります。

デメリットは、利用できない体質の方も出てくるのと、価格も高くなるため少し敷居が高くなるイメージですね。また、生薬から作られる漢方薬や、飲み薬だけでなく塗り薬なども含まれてくるので、症状に合ったものを選ばないと思わぬ副作用に見舞われる可能性は高くなります。

すごく個人的な見解ですが、OTC医薬品を買うくらいなら一度医者に診てもらって、ED治療薬を使うなり、適切な医薬品を処方してもらったほうが確実かなと思います。

代表的な商品として、第1類医薬品なら「金蛇精」や「プリズマホルモン錠」、塗り薬には「オットピン」がありますね。第2類医薬品だと「至宝三鞭丸」「龍虎宝」、第3類医薬品なら「キヨーレオピンキャプレットS」とか「キューピーコーワゴールドαプラス」など生薬配合の商品になりますね。

とにかく即効性を求めるなら「ED治療薬」

「ED治療薬」

ED治療薬といえば、「バイアグラ」「シアリス」といった病院で処方される薬ですね。「医療用医薬品」や「処方箋医薬品」などとも呼ばれる本格的なやつです。

メリットは何といっても即効性があることでしょう。種類によりますが、ものの30分くらいでバキバキになります。また、重度のEDはED治療薬でしか治せないケースもあるので、最終的に頼らざるをえない状況になることもあるでしょう。

デメリットは、1回あたりの価格がズバ抜けて高いこと、副作用の影響をモロに受けること、体質によって処方できないケースがある、などですかね。また、個人輸入サイトを介して購入する場合は、効き目のない粗悪品をつかまされる危険性もあります。

また、EDの原因が「薬剤性ED」「器質性ED」だと、それぞれの原因を解消しない限り、EDが完治することはありません。つまり、ED治療薬はその場しのぎの対処でしかないため、行為のたびに飲み続ける必要があるというわけです。

ED治療薬は、ネット上で買うことが推奨されてないため、基本的に「上野クリニック」のような専門病院や、泌尿科などで処方してもらったのちに買う形になります。バイアグラのジェネリックである「トーワ」や「キッセイ」など、国内でも安く買えるようになってるので検討することをオススメします。

結論

「精力剤はこう選べ」

正しい精力剤の選び方として、まずは自分の症状を明確にしましょう。

「性欲が少し薄れてきた」「最近中折れするようになってきた」など精力減退の症状が軽度であれば、副作用の危険性がなく予防もできる精力サプリメント一択です。精力サプリメントが微妙だったら、指定医薬部外品に頼りましょう。

どの商品が良いかは、総合人気ランキングの中からお選びいただくと間違いはないかなと思います。もし摂りたい成分や目的、悩みに応じて選ぶなら、精力剤ランキングまとめを参考にしてみてください。

そして、行為時にたまに半勃起までしか行かなかったり、精子の量が減って薄くなったなどの症状であれば、OTC医薬品を試してみて、いくら刺激しても全く勃たなくなったり、性欲が消え失せてしまった方は、迷わず病院に行かれることをオススメします。

最後になりましたが、当サイトを通して性で悩む世の男性を本気で元気にしたいと思ってます。他サイトにはない情報を余すことなくお伝えしていきますので、今後とも「精力剤マイスター」をどうぞよろしくお願いします!